8000万ドルの億ション

少し小休憩として、ちょっとした話題について話してみましょう。億ションというものが何も日本だけにあるとは限らないのはお分かりでしょうが、世界の億ションは日本とはスケールのでかさが違いすぎます。一言で言うと、ここまでグローバルなのか、という感じです。
さて、そんな中でアメリカはニューヨークにある高級マンションが売り出し中という情報が昨年度の夏ごろにあったが、そのマンションの当時購入価格が1億ドルで売りに出されていたそうです。・・・・・・日本円で換算すると78億ドルです、ビリオンです、ビリオン級です。「どんな不動産だよ」と苦笑い浮かべるお父さん。当然ながらそんなマンションの内装は、いうなれば中世ヨーロッパの宮殿、これで思いつかないならベルサイユ宮殿を思わせるようなインテリアが部屋に所狭しとあるんですよ。
内部はまずビルの最上階に当たる三階部分全てが居住空間となり、その三階を上るときには専用のエレベーターが備え付けられています。エレベータがあるのは何となく分かるかもしれませんが、家の中をエレベーターを使わないと移動できないくらい広い家って、どうですか?買う人はそれも含めていいと買ったのかもしれませんが、何かと不便そうです。
部屋も豪華という言葉では当てはまらないくらいのグレードで、まず1000本のボトルを保管できるワインルームに、20人もの人が座ることが出来るダイニングルームなどが完備されているそうです。ええっ、もはやこれだけで圧倒されて言葉が出ません、想像することもできません。20人座ることが出来るダイニングって、過疎化が進んで閉校寸前まで追い込まれている学校の、総生徒数20人前後が集まって同じ教室で授業を受けている、みたいな事を思い出したのですが、要はそんなダイニングでそれだけの人数がゆったりと座れることができるというのです。もうスケールがでかすぎます。
廊下には大理石で作られた柱に彫像、もはや美術館と言ってもおかしくないインテリアに、さらにはマンハッタンの町を360度パノラマで一望できる展望、次第に笑えて来るのはどうしてでしょうか?おそらくは現実からかけ離れているから、もう笑って自分を安定化しようとする自己防衛機能として考えておきます。

タワーマンションに住みたいっ!
そろそろ引越しをしようかな。次のお部屋でも絶対ペットと一緒がいい!そんなあなたに株式会社ワンスタイル!賃貸(仙台)ペット可の物件に関する情報も豊富に取り揃えておりますのでぜひお声掛けください!
クラシエール株行会社の社名「ClassyYell」は、Classy(上質な・上品な)とYell(応援・サポート)の2つの単語から成り立っています。宇都宮で物件をお探しなら、ぜひ当社へ

今世界各地ではこうした高級物件を購入している人が増えているそうです。昨年ではロシアの大富豪ドミトリー・リボロフレフさんが8800万ドルもの物件を購入したことも話題になっています。このほかに香港でも7000万ドルで売られていたマンションが購入されたというが、何とこの価格が中国を含むアジア件では分譲マンションとしての販売額として最高値を記録したそうです。
もうグローバルすぎて一般的な金銭感覚した持っていない人からすれば、金額のみを言われても想像することも難しすぎて、漠然としか捉えるしかないでしょう。世の中にはそれだけ稼ぎ出している人が多いということです。
そんな中で今年の4月、あまりかのヘッジファンド運用会社SACキャピタルの『スティーブ・コーエン』さんがそんな高級物件を1億1500万ドルという破格の価格で売りに出しているそうです。この物件を買うときには2400万ドルで購入したらしく、かなり強気な値段にも見えるが、それだけなかの階層についても手を施していると考えていいでしょう。
いや~、世の中にはこんな◯◯ガイ不動産があるもんなんですね~。

センチュリー21 岡部工務店では、今後人気が出ることになるであろうその不動産の仲介を現在実施しております 。遂に登場!あの有名建築家が設計した物件が、この日立区にて建設が始まりました 。

先ほどまでは日本限定で億ションについて間が敵増したが、やはりスケールが違いすぎますね、世界を基準にしたらなんだか日本の億ションが安く感じられてしまう、麻痺症状が出そうです。値段の差についても、アメリカでは普通に貸し出されているアパートもそれなりの広さがあるため、高級に分類する億ションクラスともなれば広さはもちろん、専有面積においても日本と桁が違うのでしょう。国単位で見ると値段では負けているが、内装といった施設に関しては決して日本お億ションが劣っているとは思わないでしょうが、単位として考えたときではいろんな意味での大きさという点で、世界レベルに匹敵すると思いますが、まだまだなんだなぁと感じた。